味わい深いインディゴブルー

2016.06.29 update

Share: facebook twitter

味わい深いインディゴブルー

味わい深いインディゴブルー

2016.06.29 update

Share: facebook twitter

今シーズンのパリ・サン=ジェルマンは"和"の匂いを感じさせるインディゴ染めのシリーズを数多くラインナップ。指揮を執るSOPH.代表の清永浩文氏のセンスが、隅々まで反映されたものになっている。こちらのシャツは複数の柄を部分的にパッチワークした一枚。それだけで見るとインパクトが強く感じられるが、こうしてシンプルなTシャツやジョギングパンツ、スニーカーと合わせてみると、意外なほどなじんで見える。気負わずにリラックスして着ること。それが、いちばんかっこいい。

味わい深いインディゴブルー
シャツはピンドットやストライプ、ペイズリーといった伝統柄をのせた生地を部分的にパッチワークしたもの。いずれの生地もインディゴブルーを基調しているため、驚くほど違和感がない。清永氏のバランス感覚が冴え渡っている。
味わい深いインディゴブルー
チャンピオン別注のジョギングパンツに合わせたのは、ナイキの新作スニーカー「コルテッツ ウルトラ ブリーズ」。アイコニックなランニングシューズを、超軽量かつ優れた通気性を発揮するメッシュ素材でアップデートした一足だ。